「異伝第4章」攻略チャートラジアントヒストリア(RADIANT HISTORIA)完全攻略

TOP | RSS | ABOUT | Add to google | Add to Yahoo! bookmark

「異伝第4章」攻略チャート

■ 異伝第4章 凶報 ■

セレスティア戦没
復活したロッシュを指揮官に今セレスティアの戦いが始まる。アリステル軍はグランオルグを攻め落とした勢いのまま進軍。セレスティアを狙い、ラズヴィル丘陵にせまっていた。

【強化プラン】
セレスティア亡命後のソニアが言うには、コアと呼ばれる品でガントレットを強化できる。

【エルムの友】
エルムには友のサムラがいた。人と獣人のかけ橋になろうとサムラはアリステルへ向かい、帰らなかったという。
【魔剣再生】
ストックはアリステルの地下で見つけた剣をエルムの下へ持っていく。エルムにより魔剣ヒストリカはその力を取り戻した。これがあれば魔人と化したヒューゴを倒せるかもしれない。

 ↓

【戦場の風】
アリステルとの戦闘が、ついに始まり、ストックたちは戦場を駆ける。狙うは敵指揮官だ。アリステル軍は指揮官を倒され、ラズヴィル丘陵から退却した。セレスティアの勝利であった。

 ↓

【滅亡の呼び声】
勝利にわくセレスティアに凶報がとどけられる。アリステルの新兵器の力でシグナスが壊滅したというのだ。

 ↓

新たな同盟先
壊滅したシグナス軍に代わる同盟先を探すことが急務だ。セレスティアが生き延びるためどこと同盟を結ぶべきだろうか。

選択肢・「フォルガ以外と組む」「グランオルグと組む」→【終わらぬ戦争】
アリステルと戦うために、グランオルグと組み、勝利した。だがグランオルグはこれで力を取り戻し、セレスティアの敵となった。セレスティアの危機は続く。

【獣人の剣士】
ストックはガフカから、プルート族に伝わる気を操る方法を学んだ。

 ↓

【ガフカの過去】
フォルガを同盟先に考えるが、仲介者となるガフカの腰は重い。人間と獣人のミゾは予想以上に深いようだ。だがストックの持つ獣印を見て、ガフカは仲介を引き受ける。

 ↓

【南への旅】
ガフカが仲介を引き受けたためラウルの同盟計画はまた一歩前進した。同盟の申し入れの使者として、ストックらは旅立つことになる。

 ↓

【フォルガへの道】
フォルガまでの道のりは遠い。裁きの断崖から南の荒野を目指す。イトリア荒野に到着した一行。フォルガは南東にある深淵の森、さらにその奥だという。イトリア荒野を抜け深淵の森にたどり着いたストックたち。この森の東の奥に、目的地のフォルガがある。

 ↓

【ガフカの故郷】
ついにフォルガにたどり着いたストックたち。これで同盟の申し入れができる。一行は族長の家に向かった。

 ↓

次章(異伝第5章 試練)へ