ストーリーラジアントヒストリア(RADIANT HISTORIA)完全攻略

TOP | RSS | ABOUT | Add to google | Add to Yahoo! bookmark

ストーリー

■ プロローグ
ヴァンクール大陸─

そこは何もかもが砂に埋もれ消えていく、滅びの世界。西から迫る砂漠化による影響で残り少なくなった緑の地。それらを巡って大陸は激しい戦争の渦に飲み込まれていた。

大陸の東に位置するアリステルと西の大国グランオルグが開戦してからすでに50年近くが経過していた。いつ終わるとも知れぬ一進一退の激しい攻防が繰り広げられていたが、徐々に戦況はアリステルにとって厳しい方向に傾いていった。

そのさなか、グランオルグ内を探っていたアリステル情報部の密偵が帰還できないという事態が発生した。その密偵はグランオルグ軍の機密情報を握っており、それがあれば不利な戦況を変えられるかもしれなかった。そこで情報部一の凄腕であるストックが任務を命じられることとなった。

ストックは情報部をまとめるハイスから密偵を救出しアリステルまで護衛する任務を受けた。グランオルグ軍は密偵を捕らえるべく追手を差し向けいているにもかかわらず、情報部と対立する軍部からの増援は一切期待できない。

任務としては非常に厳しい状況である。ストックは今回の任務のためにつけられた部下、レイニーとマルコと共に出撃した。無事に密偵を救出し、アリステルへのキロの途中、ストックたちはグランオルグ軍に囲まれ、絶体絶命のピンチに陥る。そこで深手を負ったストックは、生死の境をさまようことに。任務も失敗と思われたが?

次に目を覚ましたストックが見たものは、時間と空間がねじれた不思議な世界「ヒストリア」。そこでストックは謎の双子から、自分が時空を移動できる能力を手に入れたことを知らされる。さらに双子は世界がストックの力を必要としていると告げるのであった……。




■ 正伝 第一章
ストックが情報部員のままでいる歴史

グランオルグ潜入の任務を受けたストックたちは無事に連絡員と接触するが、アリステルの重要拠点、砂の砦がグランオルグ軍のディアス騎士団に占拠されてことを知らされる。残された侵入ルートはアルマ鉱山しかないが、グランオルグ軍は二方面作戦をとっており、こちらにも強襲部隊が向かっているとのこと。

そこでストックたちは、敵の占領下にある砂の砦を秘密裏に抜けることにする。守備隊に見つかったもののなんとかこれを切り抜ける。砂の砦を通過したストックたちは、グラン平原でモンスターに襲われているアト、バノッサ、リーズの3人を助ける。彼らは獣人で、グランオルグへ向かう旅芸人の一座であった。

グランオルグの検問をどうやって越えるか思案していたストックたちに、バノッサは助けたお礼として検問を抜ける手助けを申し入れる。バノッサ一座の旅芸人になりすまし、グランオルグの検問を通り過ぎようとしたストックたちだが、ストックが兵士に怪しまれ、止められてしまう。 兵士は旅芸人であることを証明するために、何か芸を見せろとストックに強要するのだが……。




■ 正伝 第二章
ストックが情報部員としての道を選んだ歴史

バノッサ一座の協力で検問を通過し、グランオルグに到着ストックたちは、彼らに別れを告げ、任務を確認するため現地の連絡員と接触する。出発前にハイスからは泥沼化した戦争に終止符をうつための重要な任務とだけ伝えられていたが、そこで命じられたもの、それはグランオルグの王女エルーカの暗殺であった。

ストックたちから見れば、グランオルグの実権を握っているのは女王プロテア。敵国の混乱を狙うなら支配者であるプロテアを真っ先に狙うはずが、暗殺命令が下されたのは第一王位継承者であるエルーカ。

さらに、エルーカがレジスタンスと関わっているという話が市民たちの間では実しやかに囁かれていた。 どうやら、この話には何か裏があるようだが…?

任務を遂行するため、ストックは王宮に侵入できるルートを探す。グランオルグの街には地下水路が張り巡らされており、それを使えば王宮内へ辿りつけるようだった。迷路のような地下水路を抜け、地下牢から侵入することに成功。

警備をかいくぐりエルーカの部屋をさがすストックたちは、つにバルコニーにそれらしき人影を発見する。 壁を伝ってバルコニーへ登り、エルーカの部屋と思われる場所へ踏み込んだ一行。しかし、これは巧妙に仕組まれたワナだった!

ストックたちは退却を余儀なくされるが、侵入場所である地下水路への入り口も塞がれており、 絶体絶命のピンチに陥ってしまう。もはやこれまでかと思われたが、そんな3人をレジスタンスのメンバーが救出する。いぶかしむストックへ、レジスタンスはある人物の頼みで救出に来たと告げる。 ひとまずこの場を脱出し、レジスタンスのアジトへ転がり込んだ一行。

その前に現れたのは、なんと暗殺対象であるエルーカ王女。驚きの色を隠せないストックたちに対し、エルーカは自分に力を貸して欲しいと嘆願するのであった。




■ 異伝 第一章
ストックが軍に転属する歴史

アルマ鉱山のグランオルグ軍をかろうじて撃退したストックらロッシュ隊のメンバーは、次の任務へと赴く。その任務とは、アリステルの重要拠点である砂の砦へ急行し、砦を守るビオラ准将の指揮下へ入るというものだった。

砂の砦へ到着したストックたちは、司令官であるビオラ准将に着任のあいさつをし、一時の休息をとる。 そこへ、グランオルグ軍が砂の砦へ向かっているという知らせが届く。 しかも、相手はディアス騎士団。女王プロテアの腹心である、ディアス将軍が率いる精鋭である。 強敵の出現にストックたちは色めき立つが、これを迎撃すべくビオラ准将が出撃する。

ストックらロッシュ隊は留守中の砦の守備を任されるが、ディアス騎士団は囮だった。砂の砦に襲いかかるグランオルグ軍。さらに砦の中に仕掛けられていた爆弾が爆発し、ストックたちは窮地に陥ってしまう。

いったい誰が爆弾を仕掛けたのか?
ストックたちはこのピンチを乗り切ることができるのか……。




■ 異伝 第二章
ストックが軍人としての道を選んだ歴史

苦戦を強いられながらも内部に侵入したグランオルグ軍を押し返し、 ストックを始めとしたロッシュ隊のメンバーは砂の砦を守りぬくことに成功する。

その価値ある勝利に祝杯を上げるストック達。そんななか、ロッシュの元へアリステル本国から帰還命令が届く。ビオラ准将によれば、ロッシュとストックはこの勝利によってアリステルの「若獅子」と讃えられており、軍の最高司令官であるヒューゴ大将もいたく感激し、本国で大々的にセレモニーを行い戦勝を祝うとのこと。ロッシュは自分ひとりが招集されたことに疑問を抱くが、キールをともに連れてアリステルへと戻る。

この勝利をきっかけに、ついにアリステルは本腰を上げてグランオルグに攻めいることを決断。試作中だった魔動兵も実戦投入されることになった。「魔動兵」は大量のエネルギーを必要とするため、敵の位置をあらかじめ把握したうえで投入する必要がある。そこで、ロッシュには本隊に先行して索敵する任務が、ストックにはロッシュたちの退却を援護する任務がそれぞれ下された。

グランオルグへ侵入するには、砂の砦からグラン平原へ抜けるルートと、アルマ鉱山からグラン平原へ抜けるルートのふたつ。目的が索敵とあってロッシュ隊はわずかな手勢で、グランオルグ軍がアルマ鉱山へ侵攻した際に作った抜け道を逆に利用して、アルマ鉱山経由で出発した。

ストック、レイニー、マルコの3人も先行したロッシュ隊とグラン平原の西側で合流するため、砂の砦から遅れて出動する。敵兵を撃退しつつ合流地点へ向かう途中、遭遇した兵士からロッシュ隊が壊滅しかけていることを知らされる。ロッシュとキールを救出するため、急ぐストックたち。

しかし、その眼前に広がったものは……。