ラジアントヒストリア(RADIANT HISTORIA)完全攻略

TOP | RSS | ABOUT | Add to google | Add to Yahoo! bookmark

「異伝第3章」攻略チャート

■ 異伝第3章 絶望 ■

獣人の森
ストックが目を覚ますと、そこはサテュロス族の里セレスティアだった。

 ↓

【失ったもの】
身体の傷はいえたロッシュだが部下と義手を失い、彼は戦う気持ちを失っていた。

 ↓

【ガントレット】
ロッシュのガントレットを直すにはm新しいコアパーツが必要らしい。壊れた機械の腕からパーツを取り出すには、アリステルの設備を使わないといけない。過去のソニアに頼めば…?

 ↓

【獣人の依頼】
セレスティアの長ベロニカはストックに手助けを依頼する。それは近辺の安全のたあめにモンスターを倒すことであった。そしてモンスターに襲われるバノッサたちを助けた。

 ↓

【バノッサの知らせ】
バノッサの報告によると、グランオルグがアリステルに敗北するのは時間の問題らしい。現状を詳しく調べるためにバノッサはアリステルに向かうらしい。ストックも気がかりであった。

 ↓

【アリステルの闇】
アリステルに到着したストック。どうやらヒューゴの演説が行われるらしい。変装して演説を聞くと、なんとシグナスだけでなく、獣人にも戦争をしかけようとしていた。

サイドストーリー【さまよえる魂
サイドストーリー【病気の住人
サイドストーリー【戦場の手紙】

 ↓

【ラウルとの再会】
怪人物に呼び出されたストック。待ちあわせ場所に行くと、そこでラウルたちと再会できた。

 ↓

【戦いの予感】
ラウルを連れてセレスティアへ向かうストックは、森の入口で暴れているアリステル兵と戦いエルムらを助けた。

 ↓

くだかれた鉄腕
セレスティアについたラウルは、ベロニカと話しセレスティアは戦いを決意する。だがその兵を率いる指揮官がいないのだった。

選択肢・ラウルに頼む→【ラウル暗殺】
ラウルは指揮官として戦場に立つ。勝利を重ねたラウルだが、アリステルの暗殺者により、命を奪われることとなった。

 ↓

【ロッシュの苦痛】
指揮官はロッシュが適任だ。しかし心を閉ざしたロッシュは立ち上がろうとしなかった。ナックルコアをソニアに渡したストックは一つのカケに出る。ロッシュと戦い、闘争本能に火をつけるのだった。

 ↓

【獅子の目覚め】
ストックと本気で戦ったことで、ロッシュは自分の中に戦う力がまだ残っていることを知る。傷ついた獅子の復活と、セレスティアとアリステルの戦いは間近にせまっていた。

 ↓

次章(異伝第4章 凶報)へ

くだかれた鉄腕 ~ 獅子の目覚め

【セレスティア】
ロッシュ、ベロニカ、ラウルと話す。
選択
1「ラウルに頼む」→「ラウル暗殺」終了
2「ロッシュに頼む」→ガントレットが治れば説得可能。

正伝第3章の「怒りのロッシュ」でガントレットを入手。
セレスティアのソニアと話すと、設備が必要だと言われる。
「すべての始まり」のソニアに頼む。ナックルコアを入手。
再びセレスティアのソニアと話して完了。

「ロッシュに頼む」→ロッシュと話して、戦闘。
イベント終了後、ロッシュはバーンナックルを覚える。


正伝第4章 友情

獣人の森 ~ 戦いの予感

【セレスティア】
・広場
ホテル左、宝箱(水晶のお守り)

・結界樹
宝箱(アインチパライズ2)

ロッシュと話し、イベント進行。
入口の石をスマッシュすると、マナの結晶などが削れる。

【ラズヴィル丘陵】
下の方に宝箱(ハーブティ2)
上に進む。

・南の小道
左に宝箱(ルーンクロー)
上に宝箱(メディの葉2)

・街道東
・林間道東
戦闘(フォレストベア、ストンピィ2)

イベント進行、【セレスティア】

その後、【アリステル】へ

・一番街
雑貨屋の前にいるバノッサと話す。「さまよえる魂」追加。

・二番街
武具屋の前の子供と話す。「戦場の手紙」追加。
左上の女性と話す。「病気の住人」追加。

ヒューゴの演説を聞いた後、ラウルと再開。
レイニー、マルコが仲間に加わる。
戦闘(シャドウ3)
アリステル下級兵

【セレスティア】
戦闘(アリステル中級兵2、ガード兵器2)

くだかれた鉄腕

さまよえる魂

アリステルを去り際、バノッサはアトの心配をする。先代のシャーマンは道をふみはずしたらしいのだ。アトには同じ道を歩んでほしくない・・・ それがバノッサの願いだった。

どうやら先代のシャーマンがスカラにいたらしいという話を聞く。先代のシャーマンと会う。アトは、彼女が連れ出した彼女の友人の魂をそっと、天に帰すのだった。バノッサに先代のシャーマン・・・つまり彼の娘の話をする。バノッサは道を正したストックに礼を言うのだった。

病気の住人

アリステルで、病により夫をなくした女性と出会う。アンチポイズンがあれば、彼を助けられたかもしれないが・・・。

ストックは、将来、病でなくなるであろう男性にアンチポイズンを渡した。その男性は薬により、一命をとりとめた。ストックの機転が、彼の命を救ったのだ。

戦場の手紙

アリステルの武器屋前にいた少年は悩んでいた。彼は父が大事にしていたお守りを隠したせいで、父が砂の砦から帰らないのだと思っていた。ストックはそのお守りをとどけると約束する。 過去に戻ったストックは少年の父に会い、お守りを渡す。そして、少年にあてた手紙をあずかる。ストックは少年に手紙を渡した。少年は手紙を読み、父のように強くなる決意をした。